やわらかいカラダ=気持ち良い動き方・楽しい考え方

rigochousei

rigo式カラダ調整を簡単に解説する為に、あるワークショップでのご挨拶として記した文をまずご紹介します。

『ストレッチから、

 「しっかり伸ばす・ちゃんとした姿勢で行う」を取り除いてあげると、

 スムーズに体がやわらかくなり、どんどん動きが軽くなります。

 運動から、

 「頑張る・体をしっかり使う・効かせる」を取り除いてあげると、

 やればやる程 体が軽く強くなり

 運動前より運動後の方がさらに快調になります。

 やわらかいカラダ と やわらかいカラダの使い方は、

 ・体を変えたいのになかなか変わらない

 ・頑張っているのに思うような成果が出ない

 という問題を解決する答えを出します。それは、

 「気持ち良さを大事にして動いていると、成果が出続ける事が楽しくてたまらない!

 良くなり続けるのが楽しい。」

 という事です。

 頑張る事ではなく、結果が出ることを楽しんでください。

 そして、どんどん伸びていくことのできる自分自身を楽しんでください。』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

rigo式カラダ調整とは、
NPO法人rigoが独自に開発した 身体調整法です。

気持ち良い動き方をつくる体操メソッド と 気持ち良さに気づく力を伸ばす気づきメソッド とでつくられたこの調整法は、

全身でやわらかく伸び伸びと動かせるカラダをつくり、
コリや痛み・動きにくさ などの「硬さ」をなくします。

柔軟性や運動能力・姿勢、血行や自律神経が正常に働くカラダの健康を 保ちながら より良くするためのカギとなる
「気持ち良さ」を尺度に動き・生活することのできるカラダと感性(気づく力)をつくります。

その上で、
姿勢やスタイルをより良くする楽しみや
スポーツやダンスなどがより上手くなる楽しみなど、
生活をさらに楽しく過ごせるようなカラダづくりも行ないます。

rigo式カラダ調整には、以下のものが存在しません。
・頑張る
・耐える
・無理をする
・結果が出るか見えずに ただがむしゃらにやる

代わりに、以下のものがあります。
・気持ち良く行う
・常に効果 変化を実感できる
・成果が出続ける楽しみ
・良くなることのできる自分に 自信と余裕を持って実践できる

小さなお子様から ご年配の方まで、
一日中座りっぱなしの方でも 激しく体を使う方でも、
どんな方にもやわらかいカラダの喜びを味わっていただけるよう開発したのが、
rigo式カラダ調整です。


powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional